• 裏・十三人の武士の一人

風情?否 見苦しいゴミでござるよ


秋になると紅葉が山や町を彩り、なんとも自然の色のコントラストが心を癒してくれるものでござる。

そうでござる。山の中であれば紅葉した木々の葉が落ちても栄養となり、また翌年の木々の血肉になるのでござるが、

町中は違うのでござる。落ちたは葉はゴミとなり、側溝に溜まり詰まる。

北風は落ち葉を撒き散らし、そこら中を汚くしてしまうでござる。

落ち葉を拾い集めてると、その下には猫の糞があり、臭い思いをするのでござる。

掃いても掃いても落ちて来る落ち葉。拾い集めても集めても溜まる落ち葉。先日は落ち葉の下に大きなドブネズミが死んでおった。

秋は紅葉で風情を感じる良きシーズンでござるが、光と影がよく分かる大変なシーズンでもあるのでござる。

散らばる落ち葉 見苦しい事この上ないでござる。


© 2017  湯布院 湯の坪街道 あおねの小径 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page